再会は蜜色に染まって。 夏目彩春

数年ぶりの同窓会。すっかり大人になった懐かしい顔ぶれの中、学生時代、互いに想いを寄せ合いながらもそのまま卒業してしまった樹の姿があった。樹も美都子もすでに家庭を持っていたが、昔の想いが蘇ってしまった樹は…。

(3508)