恥辱の抵当妻 「私、あなたが迎えに来てくれるまで耐えられるかな…」 美谷朱里

夫の借金の保証として、融資先の会社で働くことになった新妻の朱里。当然、普通に働くだけでは許されなかった…。会社の男たちは朱里を手篭めにしようとジワリジワリと追い詰めていった。強制イラマチオに連続3P…。夫のためとなんとか我慢する朱里だったが、いつしか自ら中出しを懇願する性奴隷と化してしまった。夫が気付いたころにはもう手遅れだった。朱里は誰が父親かもわからない子供を孕んでいた…。

(6104)