「『おばさんの下着を盗んでどうするの?』女を忘れた美人おばさんは自分で発情してくれる少年チ○ポなら下着を盗まれても嫌じゃない」VOL.1

干してある下着に手を伸ばす少年を発見し、家でお説教をする下着の持ち主のおばさん。注意されつつも少年は、目の前の無防備な薄着姿と二度としないと約束したかわりにもらった彼女の下着でモジモジ興奮。その姿や自分の下着だから欲しがられたことにまんざらでもないおばさんは「今穿いている下着も見たい」という少年の望みをかなえてあげ…。

(1836)