僕の母親を抱かせてやるから、キミの母さんをヤらせてくれ。 五十嵐しのぶ 潮見百合子

とある二組の母子の物語。都内の大学に行き一人暮らしをしている伯母の息子・五十嵐タツオ。家の改築の為、従弟・潮見ヤスヒロと、叔母・潮見百合子は、伯母・五十嵐しのぶの家。つまり、タツオの実家に居候している。ある日、タツオは帰省をしたが、美尻な自身の母に対して性的な興奮を禁じ得なくなり、卑猥な妄想の末に幾度と無く性行為をしてしまう。時同じくして、ヤスヒロもまた未亡人である自身の母と性行為をしてしまう。互いの母子相姦を見てしまった息子二人は、ある卑猥な計画を決行する…。

(2663)