それでも貴方に愛されたいから… 〜夫に従順になるよう躾けられた勝気な人妻〜 なつみ Part 2

持ち前の気の強さとキャリア志向から、会社で頭角を表わしていたなつみは、子作りを提案する夫を煩わしく思っていた。愛が冷めたわけではないが、夫の穏やかな性格と淡白な夜の営みが逆に歯がゆく感じ、女盛りの肉体を浮気で発散させるのだった。しかしこの妻の目に余る行動が我慢の限界を超え、強制的にでも「躾」をしなくてはと夫は考え、2人である古民家へとやってきたのだった。そして…なつみへの調教が始まっていく…。

(1254)