人妻夜這い祭り 〜卑猥な風習に犯された人妻の終わりなき淫欲〜 川村まや

仕事三昧で中々一緒に過ごせない夫と久しぶりの旅行で上機嫌の妻・まや。しかし、これからというときに夫は早々に酔いつぶれてしまう。期待で身体を火照らせたまやは仕方なく一人で温泉につかるのだが…。その夜、障子の向こうに映る大きな影が音も立てずにそっと部屋に入ってきた。そのまま、まやにまたがると「これは村に伝わる祭りなのだ」と囁き、夫には無い荒々しい獣のような愛撫でまやの身体を蹂躙していき…。

(2298)