叔母の誘惑〜僕の肉欲を淫らに昂ぶらせる熟れた肉体〜 翔田千里

母を亡くして落ち込んでいる甥・康介をケアしてやる為、叔母・千里はしばらくの間、自宅へ居候させることにした。しかし康介を密かに男として意識していた千里は、毎日のようにさりげない誘惑を繰り返し、その度に彼の股間は激しく刺激されてしまうのだった。ある夜、千里は康介の背中を流してやると…。あられもない叔母の裸体に興奮を抑えきれない康介。勃起した彼の股間を見るや千里は微笑みと共に肉棒をしゃぶり初めて…。

(3618)