親父の女 原ちとせ

幼い頃に母親を亡くした僕は、親父と二人で古びたアパートに暮らしている。仕事もしないで不気味なクラブに通いDJをする親父が大嫌いだった。そんなある日、突然アノ女がやって来たのだ。僕の目を気にせず親父とイチャつく女、ちとせさんは見るからにスケベそうで僕はいつの間にかちとせさんを目で追うようになっていた。そして、親父がLAに出掛けている数日間、親父の代わりにちとせさんが僕の面倒を見てくれる事になり…。

(4130)