義父に縛られた美嫁 新山沙弥

夫・啓吾が事故で寝たきりになり働けなくなってしまったため、経済的な理由から義理の父・重嗣の家に居候している美嫁・沙弥。美しく若々しい沙弥と同じ屋根の下で暮らすことになった重嗣は、徐々に本性を現し始めた。「啓吾が寝たきりになって、沙弥さんも欲求不満なんじゃろ?」自分勝手な理由をこじつけて沙弥に迫っていく重嗣。「やめて下さい」と必死に抵抗する沙弥を荒縄で縛りあげ、無理やり肉棒をぶち込んで…。

(164)