同僚の母 水上由紀恵

うだるような暑さの真夏日。幼い頃から仲の良い同僚の実家に遊びに来た僕は、同僚の母・由紀恵さんに目を奪われていた。僕が学生の頃に通っていたスイミングスクールのコーチでもある由紀恵さんは、ずっと昔から憧れの女性だった。そんなある日、仕事帰りに同僚の実家でシャワーを浴びていた僕は、ばったり由紀恵さんと遭遇してしまう。思わず目を反らす由紀恵さんだったが、その顔は明らかに僕のアソコを見て興奮していた…。

(1846)