縛られた人妻〜年下男の麻縄調教2〜 水上由紀恵

由紀恵の娘・清香のひとつ年上の幼なじみ・信也。子供の頃から清香の家庭教師代わりとして面倒をみてくれる信也を、由紀恵は息子のように思っていた。父子家庭の信也も、由紀恵を母親のように思っていた。しかし、大人になるに連れて由紀恵に対する感情の間違いに気づいたのだ。『母親ではなく女性として…。』由紀恵を愛する独占欲が大きくなるにつれて、信也の中でサディスティックに満ちた歪んだ欲望が芽生え始めたのだ…。

(2592)