夫に言われ向かった場所は… 真鍋ゆうき

結婚3年目の記念日に夫から出張になったと聞かされた妻のゆうき。夫は代わりに予約したホテルへ行くようゆうきに告げる「日々の家事の忙しさを忘れてゆっくりするように」と…。寂しさを抱きながらもメモを片手にホテルへと向かうゆうき。そこは高級なホテルだったが、チェックインを済ませ部屋に入ると中には仮面をした見知らぬ男達…。状況を把握出来ず混乱するゆうきに男は夫からの電話をそっと手渡すのだった…。

(281)