暴風雨 親戚の優子おばさんと二人だけの夜 白木優子

上京して会社に勤め始めて3年、ようやく仕事が落ち着き長い休みをもらった僕は、久しぶりに地元に帰って来た。しかし、あいにくの台風直撃。木陰で雨宿りをしていると、横なぐりの雨に襲われ壊れた傘を持った優子おばさんと偶然再会した。は、相変わらず綺麗で僕は胸の高鳴りを抑えられなかった。20年思い続けた優子おばさんへの想いは、暴風雨のように吹き荒れて…。

(9454)