母の友人 香西咲

母の仕事の手伝いで泊まりに来た友人の咲に緊張を隠せない息子・雅人。それもそのはず、以前、彼女が訪れた際に酒を飲んだ勢いでキスを求めてしまった過去が…。だがその夜、ほろ酔いで上機嫌の咲が部屋に訪れて前回のお返しとばかりに口づけをせがんできたのだ。唇の感触が忘れられない雅人は彼女へのたぎる欲望を抑えきれず、深夜に彼女の部屋へ忍び込み、肉棒に込めた熱い想いを彼女の中へ力の限り吐き出して…。

(1030)