夫の上司に犯され続けて7日目、私は理性を失った…。 加瀬かなこ

「結婚一周年、本当に有難う!一緒に過ごせなくてごめん。寂しいと思うけど俺だと思ってこのネックレスをつけて待っててね!」夫が残した手紙を見て、私は涙が止まらなかった。夫が出張中、私は大木部長の言いなりになった。夫の居ないこの家が、見知らぬ場所に思えた。そして明日は夫が帰ってくる日。一刻も早く帰って来て欲しいと願っていたのに、今では夫の帰宅が怖い…私が変わってしまった事を、夫に悟られるのが怖い…。

(1967)