夫の上司に犯され続けて7日目、私は理性を失った…。 若葉加奈

いくら部下とその妻だからと言って…夫の事も、私の事も、人として見ていない織田部長の態度に嫌悪感を覚えました。夫の立場を思うと、逆らえない私の身体。その嫌悪感の中で、鳥肌を立て…全身で震え…私は…私は…どうする事も出来ませんでした。私は、夫を守る為にこの汚らわしい屈辱に耐えているのだと信じていました。でも…その屈辱が欲しくてたまらない身体になるのに、わずか7日間しかかからなかったのです…。

(6627)