傲慢女社長 堕ちるとき…。 遥あやね

敏腕女社長として名を馳せるあやね。だが自分以外にも厳しく、特に右腕として働く大木への理不尽さに他の社員達も同情していた。だが彼女に密かな怒りとそれ以上に歪んだ愛情を抱えていた大木は、昂る感情を抑えきれず彼女に睡眠薬を盛って…。以来、主従逆転の生活が始まり、あやねは屈辱に耐えながら大木の性的欲求に従う日々が続く。しかし夫と冷めた関係のあやねは、いつしか命令される悦びを感じ始め熱く燃え上がり…。

(2329)