ベッド浸水びちゃびちゃ潮吹きお母さん 林ゆな

父子家庭の健一の家に、父の経営する会社の部下だったゆなが嫁いできた。ある晩、ゆながシーツを濡らしたことで父に叱られているところを見てしまう。性の知識がなかった健一は、オモラシだと思っていたのだが、後日、ゆなが父とセックスしているところを覗き『潮吹き』の存在を知ったのだが…。

(3825)