夫の連れ子が鬼畜でした… 佐々木あき

連れ子のいる相手と結婚する事を決めたあき。いきなり母親なんて務まるのか不安になるが、大事な息子の為に一生懸命努力していた。一方、連れ子のあきひろはヒステリックな実母の愛情が足りなかった為か歪んだ心を持っていた。愛そうと思うあきの親心と、愛されたいと思うあきひろの子心はくしくも「鬼畜」を生み出す事になってしまう。鬼畜の歪んだ愛情であきは禁断の親子関係を築き「ママ」への一歩を歩み出した…。

(2326)