地元のDQN達に彼女を奪われて何も出来ない僕。 さくらみゆき

イジメられていた過去から逃げるように上京した男。今ではエリート街道に乗り、バリバリ働き、優しくて可愛い初めての彼女もできた。男の過去を知らない彼女は、無邪気に男の地元に行ってみたいと提案する。「アイツらに会いたくない…」そう思いながら断りきれない男は、恐怖と不安を隠して彼女と地元に帰ってきた。そんな二人に、ガラの悪い男たちの影が近づいてきた…。

(3523)