隣の息子のガン反りチ○ポを挿れっぱなしでイキまくる母 笛木薫

息子の健三が産まれてからというもの、夜の営みが一切無くなり欲求不満を募らせていた薫。そんなある日…隣に住む加藤家の妻・春子が海外旅行に行くというので数日の間、息子の康晴を預かる事になる。薫の胸は高鳴っていた。なぜならば、春子から「康晴のチ○ポが大きい」という話を聞いていたから…。そして迎えた当日、康晴と息子の会話で「チ○ポが17cmある」という話を聞いた薫は股間の疼きが抑えきれず、思わず…。

(8190)