娘の彼氏がセフレだった件について。 浦野美月

ある日、娘の亜美が彼氏を連れてくると言い、上機嫌の母・美月。だが相手がなんと美月のセフレ・清晴だったのだ。戸惑いながらも、娘の彼氏という状況に興奮した美月は「私だけでなく娘ともなんて欲張りね?」と妖艶な笑顔で迫り、彼の肉棒を弄びながら秘密の関係を堪能する。しかし発情した美月の肉体は一度きりのセックスで我慢できず、お泊りすることになった清晴の寝室へ夜這いをしかけて…。

(3191)