夫が消えた その日から…。 愛田奈々

夫はトップセールスマンまで上り詰め、私が先祖代々引き継いだこの土地に家を建てた。その夫の次なる夢だった会社設立。しかし、景気の悪さに比例して夫は金策に走り回っていた。そして夫は、突然私の前から姿を消した。

(4530)