奴隷の棲む家 小西悠

彩花の父親は、投資コンサルタントの柏木たちに騙され、多額の借金をかかえ自殺。亡き父親の仇打ちを誓った彩花は後に弁護士になり、柏木たちを追い詰めるが、再び晶子たちの罠にはまり、奴隷として屋敷に飼われてしまう…。

(2096)