従順雌奴隷 緒奈もえ

事故で両親を亡くしてからというもの、目標も見つけられずなんとなく毎日をやり過ごしていた。そんな折、偶然道ですれ違ったあの子。ひとめ惚れだった。それからの僕は、あの子を手に入れる事しか考えられなかった。

(2002)