最高の愛人と、最高の中出し性交。6

愛人『あん』と濃密な愛を刻む。毎日会うことが許されないふたりはあいにくの雨模様でも笑顔を絶やさず、相手の心に寄り添ってゆっくりと歩く。優美なホテルの一室で煌びやかな夜景を眺め、互いの体温を確かめるように抱き合う。艶やかな唇や揺れ動く大きな乳房をじっくりと味わうと、淫美な吐息と愛液を漏らす。潤った膣への挿入は互いの熱を感じ取れる生を望み、非日常の快楽に溺れ絶頂を繰り返していく。ふたりは‘愛人’という背徳的な関係であることを忘れ去り、本能の赴くままに快楽を貪りあっていく…。

(3355)