昭和 背徳の肉体奉仕 〜あの人の為なら犯されます〜 大場ゆい

色白美人のゆいは道に迷い、山中の民家に宿を求めた。優しく自分を介抱してくれた吾郎と仲むつまじい生活が始まる。借金に苦悩する吾郎に同情したゆいは、悪巧みをする金貸しにカラダを売ることに同意してしまう。「借金を返し終わったら、俺と一緒になってくれないか」と求婚する吾郎に罪悪感を感じながらも、いつのまにかカラダは調教され男達のものになっていく。

(183)