友人の母親 安野由美

バイト仲間の良太の母・由美をひと目見て気に入った橋本は、良太を利用することで由美をモノにしようとしていた。橋本は安野母子との距離をじっくりと詰めていき、由美の心の隙を狙い続ける。ある日、橋本に絶好のチャンスが訪れた。由美が、仕事人間で家庭を省みない夫と電話をした後、寂しそうにオナニーを始めたのだ。そのいやらしい姿をじっくり堪能した後、橋本は由美だけしかいない時間帯を狙って安野家を再び訪問する…。

(3134)