定年退職してヒマになった ドスケベ義父の嫁いぢり 若槻みづな

みづなは結婚して以来、同居する義父の陰湿なセクハラに悩まされていた。子供ができれば義父の愚行もおさまってくれるはず…と、ひたすら耐えてきたが、夫とはセックスレスで、子宝に恵まれることもなかった。みずなの欲求不満は日に日に募り、それと同時に義父のセクハラは次第にエスカレートしていく…。そしてついに、いけないことと思いつつ、みづなの満たされない肉体は老いらくのドス黒い欲望を受け入れてしまう…。

(4474)