屋根裏の卑密 夏目彩春

急な夫の転勤で、古民家に越してきた綾香。しかし、長く空き家だったこの家の屋根裏には男が棲みついていた。ある晩、先に休んでいた綾香が夫の気配を感じて目を覚ますと、布団には夫になりすました男が潜り込んでいて…。

(8692)