母子交尾 【岩瀬路】 浜波乃

悠岐は5歳のころに母親と別れ、母の愛情を知らずに育ってきた。朧気ながら覚えている母の面影は、凛々しく、優しく、美しかった。悠岐にとって幼い頃に母と過ごした、僅かな日々の思い出だけが生きる希望だった。そして悠岐が25歳の時になんと母から20年ぶりに会いたいと手紙が届いた。悠岐は母への想いが恋愛感情であることに気づかないまま、約束の温泉地へと向かうのだった。

(1764)