母と娘のレズビアン 巨乳親子合わせて2200ミリの激震 朝霧ゆう 白石ももか

母ゆうは夫のDVが原因で離婚し、娘ももかを女手一つで育ててきた。ももかは父のDVを見ているので男性恐怖症になり、女性しか愛せないようになっていた。そしてその愛情はいつしか、自分を懸命に育ててくれた母ゆうに向けられていった。ある日ももかは母を温泉旅行に誘う。表向きの理由は母への感謝だが、本当は母に愛を告白することだった。

(1711)