微笑む口便器 音羽ねいろ

笑顔で苦悶せよ!!! かつて地下アイドルとして活躍していた清楚系少女・音羽ねいろが、如何に喉奥を犯●れようとも笑顔で耐える事を強いるエゴイズム的イラマチオ作品『微笑む口便器』の舞台に立つ。まぶしいほど可憐な美少女の表情が、まっしろな喉奥に責苦を与えられる事で歪曲するも、マゾヒストであるがゆえに尊い宝石を瞳から流し続ける…。そうした刻薄な拷問も悦びと受け止め、混沌とした中でも笑顔で肉棒を咥え続け狂喜する美少女。そんな退廃した先に垣間見たものは、男根で喉奥を犯●れようとも笑みを浮かべ続ける《微笑む口便器》に成り下がったねいろの姿だった…。

(1784)