夫の上司に支配された私 死ぬほど嫌いな相手と身体の相性が最高だったなんて… 岡村麻友子

「やっと昇進が決まったんだよ。それで今晩お世話になった上司を家に連れて行くからさよろしく頼むよ」夫の健二が上司の藤川を家に連れてきた。もともと健二と同じ会社で働いていた麻友子は愕然とする。「まさか、あの男が夫の上司だったなんて…」当時、藤川に卑劣なセクハラ行為を受けていた麻友子は藤川を心の底から嫌っていた。そんな男の来訪に嫌な予感がした麻友子だったが…。

(3402)