母子姦 君島みお

夫と息子のヒロシと三人で暮らす母・みおは、夫の単身赴任中に着付け教室に通い始める。みおはしばしばヒロシに手伝いを頼むようになっていたのだが、年頃のヒロシは着物姿の母を間近で見ることで母を女として意識してしまう。そしてある日、着物を脱ぐみおを手伝う際、ヒロシはとうとう欲望を抑え切れなくなってしまい…。

(5785)