昭和女のエレジー 愛娘を助けようと憲兵に身を捧げる美貌の母 1926 伊東紅

昭和のエレジー第8弾は関東大震災から復興した東京を舞台にし社会主義運動に目覚めた若き娘の紅と官憲から守ろうと色香溢れる肉体を惜しみなく憲兵隊員に与える美貌の母・実紗。大正から昭和に移り変わる時代の持つロマンチズムをふんだんなエロ群像でドラマチックにうたいあげた187分作品。

(3610)