昭和の女・夜這い 出稼ぎに出た帰らぬ夫を待つ色香漂う貞淑な人妻の穴を夜這いで押さえつけ縛り上げ男どもは性欲を満たす村の掟 坂本すみれ

出稼ぎで夫は帰ってこない、若い女は村で一人、そんな人妻に男たちはムラムラしていた、夫を待つ人妻は欲求不満で色気がプンプン、男たちは夜這いを仕掛け、抵抗する人妻のマ○コにぶち込み朝まで二人で犯しまくる、その後、助けを求めた村長の肉奴隷になると言う事で犯されるが次第に調教されマ○コ好き女に成る。

(2614)