昭和の女・忍ぶ嫁 良家の娘が没落した家の借金の為、年の離れた成り上がりの男の肉玩具として嫁ぐ 青山はな

昭和30年代、年頃の女性は、恋愛を許されずに結婚をする事がめずらしくなかった。好きでもない男に身体をもてあそばれ、それでも身体が反応してしまう悲しい女の性…。嫁ぎ先の若い書生に恋心を抱くも、夫に見つかり男の眼前で辱められる屈辱の日々、性玩具となり丁稚たちに犯されまくるも、歓喜に喘いでしまうのだ。

(3226)