近親相姦 母子受精 峰岸カレン

仕事一筋で家庭を顧みない夫に対しての愛は冷め、カレンは息子の成長を見守ることが唯一の楽しみになっていた。この子さえ幸せになってくれればそれでいい。カレンは心からそう思っていたが、その表情はどこか物憂げで、そんな母を見るたびに息子は心を痛めていた。…そんなある日、寂しげな母を見ていられなくなった息子は思いもよらない行動に出る。カレンも気持ちは同じだった。二人は熱に浮かされたように唇と体を求め合う…。

(2614)