「私のこと避けてるでしょう?」「いえ、その逆です。どストライクなんです!」義母ちゃんのおっぱい揉みっぱなし風呂 高沢菜穂

義息の浩司との距離が縮まらない。悩んだ菜穂は思い切って浩司が入浴している風呂に乱入した。腹を割って話をするには裸の付き合いが一番。荒療治だがこれも二人の距離を縮めるため…。だが、浩司の反応は予想外のものだった。菜穂の裸を見つめて明らかに興奮していた。菜穂の行動は浩司が胸の奥にしまっていた禁断の思いに火をつけてしまった。

(2037)