四六時中、娘婿のデカチ○ポが欲しくて堪らない義母の誘い 織田真子

夫の単身赴任に伴い、娘夫婦と同居を始めた母・真子。最初は円満だと思われていた娘夫婦も実は娘婿・邦夫のデカチンが原因で不仲と知り、驚きを隠せなかった。その大きさを目撃するや、身体の奥底に眠る欲望に火が点いてしまった真子は…。「娘の不始末は母の責任」と所構わず豊満な肉体で迫り、デカチ○ポを貪る。激しい誘惑に抗えず、邦夫は流され続け、禁断の快楽に堕ちた娘婿は自ら義母を求めるようになり…。

(9072)