憧れの女上司と 桐島美奈子

上司の桐島さんと地方出張へ。無事仕事を終え帰宅しようと駅へ向かうが、電車が動いておらず、止むを得ず宿泊施設を探すが何処も満室。やっと探し当てた旅館は一部屋しか空いておらず、僕たちは仕方なくその部屋に泊まることになった。急遽の宿泊だったが温かい食事にもありつけた。桐島さんは折角だから飲もうとお酒を勧めてくれた。お酒でほんのりピンク色になってゆく桐島さんに僕はドキッとした。少し酔ってしまった桐島さんは食事を終えると並んで敷いてある布団へ寝転んだ。はだけた浴衣から見える太ももに僕は目が釘付けになってしまった。僕はどうしても桐島さんが欲しくなり、ゆっくりと覆いかぶさった。唇を奪おうとしたが、彼女はダメと言い僕の唇を指で塞いだ。僕は恥ずかしさと気まずさで少し落ち込んだ。桐島さんは僕の隣に座ると、私でいいの?と言わんばかりに微笑んだ。僕は無言で頷くと、彼女の方から抱きつきキスをした。僕たちは一つになり、何度も何度も愛し合った…。

(2858)