雌の匂いが漂うおばさんのどスケベな乳輪

下着を脱ぐと、そこにはなんとも下品でいやらしい巨大乳房がおばさんの証である大きな乳輪は舐められ吸われ弄られて男に抱かれた分だけ大きくなっていく。

(1913)