愛と官能の昭和人生劇場 尼僧と未亡人の生贄劇

売春防止法が施行された昭和33年秋、兵庫県の山里の尼寺にやって来た美人で爆乳の元吉原娼婦の女が色欲に狂った仏僧たちの生贄となり、十何年振りに再会した息子と近親相姦を強要される前篇と、派遣法が改正され格差社会が広がる平成後期、渡りの天下りを繰り返す元官僚の夫が急死、残された妻が醜いエリート官僚たちの餌食にされる中・後篇の3部構成。

(3332)