ネトラレーゼ まさか自宅で親父と親父の友達に妻が…年寄りの甘い言葉で寝取られた話し。 小川桃果

母が亡くなり、元気のなくなった父を引き継ぎ社長として忙しく働いていました。真面目だった父には趣味がなく、毎日ボーとしているので、趣味でも見つけ毎日快活に過ごして欲しいと思っていました。そんな中、父の友人が若い女性とやってきました。友人は一緒に飲みに行こうと誘いましたが、口下手な父は恥ずかしがり行けずにいました。しかし、友人の楽しそうな話に興味はあり、嫁の桃果に飲み屋に行く為の練習をお願いしました。私も父が元気になるならと了承し、桃果と父の練習が始まりました。ある日、家に書類を取りに帰った所、見てしまったのです、父と桃果と見知らぬ男が…その夜、私は父と桃果を問い詰めました。桃果から語られる話に私は怒りを抑える事ができず、しかし実父と、愛する妻、私は再構築を選んだのです。しかし、私は間違っていたんだと思います。

(6030)