お義父さんもうアソコが疼いて濡れているんです… 高宮まどか

お義父さん、今日もまどかを可愛がって頂けますか?まどかはそう言うと、そっと扉を閉めた…結婚し夫とく二人で暮らしていたが、男やもめの義父と同居することになった。義父は優しく、まどかにも気を使ってくれ家族3人上手くいっていた。しかし、義父と同居したことにより、夜の回数が減り、しかも夫だけ満足して果てる事が多くなった。物足りないまどかはこっそり自慰に耽り満たしていたが、その姿を義父に見られてしまっていた。義父の姿に気づき、驚き声を出そうとするが口を塞がれ、息子じゃ満足出来なかったんだろ?と先程までの自慰で敏感になっている身体を弄られ、反り返るほど逞しく勃起している下腹部を見せつけられた。数日後、夫が外出したのを見計らい義父はまどかを抱きしめた。嫌がるまどかだが、義父もしつこくねちっこい攻めに感じてしまい、使い込まれた義父棒に貫かれてしまう。夫では味わえなかった快楽にまどかは放心状態のまま義父を見つめていた…。

(1037)