学内の図書室、その文学少女はクスクスと笑いながら、拘束され身動きできない私を… 吉高寧々

ただ好きな研究に没頭しているだけの大学教授だった…彼女が現れるまでは…。その子は、少し地味で印象の薄い女子大生。とある書物の原書を見たいというので家に招き入れたが、何かを飲まされたのか、うつらうつらと気を失って、気づいたら手足を縛られ、私の下腹部を笑顔で舐め回す彼女がいた。それは催眠の一種なのか、私は特殊な性癖に魅せられ、今日も女子大生の性奴としてプレイに興じる。

(2802)