父が出かけて2秒でセックスする母と息子 川上ゆう

ゆうと大輔は親子でありながら、肉体関係を結んでいた。もちろん罪悪感もあるが、それ以上に体の相性が抜群で、ゆうと大輔は背徳関係の快楽にハマり込んでいった。やがて二人の衝動は制御不能な領域までエスカレート。一家の主が目を離したその瞬間から、獣のように激しく求め合うよになる…。

(4361)