定年退職してヒマになったドスケベ義父の嫁いぢり 平野里実

結婚三年目。新しい家族の誕生を待ち望む里実と夫は毎晩励んでいた。純粋に子宝を望んでの行為だったが、毎晩聞こえてくるあまりにもいやらしい里実の嬌声は同居する義父のドス黒い欲望に火をつけてしまっていた。激しい反応から里実の本性が淫乱だと見抜いた義父はある日、里実を無理矢理イカせたうえで怒張したチ○ポを見せつける。夫は出張中で留守。目の前には立派なチ○ポ。夫への愛と欲望の間で里実は揺れ動く…。

(5479)