定年退職してヒマになったドスケベ義父の嫁いぢり 竹内麻耶

結婚と同時に夫の実家で義父と同居生活をはじめた麻耶。もともと家事が苦手だった麻耶は不安でいっぱいだったが義父の優しい気遣いもあり幸せな毎日を送っていた。しかし義父の優しさには本当の狙いが隠されていた。麻耶が夫と夜の営みに不満を持っていることを秘かに知りそれならば自分のモノにしてしまおうと機会をうかがっていたのだ。そしてある日、そうとは知らない麻耶に肩を揉んであげようと笑みを浮かべ近づいていき…。

(3106)